肌フローラ(常在菌)・口内フローラに関する研究支援プロダクトをご提供
肌フローラ解析

S-KIN pro: 肌フローラ菌叢解析

真菌、定量、動物に対応

  • 検査キットあり、1サンプルから受託
  • ​次世代シーケンスデータからの解析のみも可能

S-Kin proは、肌研究を支援するキットで、化粧品の原材料開発、 化粧品開発、サプリメント、肌への接触素材開発、環境と肌の関係など 様々な目的ですでに多くの方に利用されています。

皮膚のフローラ(常在菌)の状態をさまざまな角度から分析して レポートします。
S-KIN proの常在菌は細菌が基本です。真菌もオプションで解析可能です。

diversity1.png
pca.png
表皮ブドウ球菌解析

BiHADA:表皮ブドウ球菌数分析

  • 検査キットあり、1サンプルから受託
  • ​スクリーニングに便利

S-KIN BIHADA は、検体中の表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis) 数と、 総菌数をPCR技術により算出し、その割合とともに結果をお返しします。

美肌菌をターゲットとした実験における被験者のスクリーニングとしても活用いただけます。 S-KIN pro 肌フローラ解析ととともにご利用ください。

bihada_Fig1.png
日本人肌フローラデータベース

JSMD: 日本人肌フローラデータベース

  • 健常人の菌叢解析データ搭載、基礎データの実験の必要なし
  • 検出されたフローラのアノテーションとしての文献情報と連携

JSMD(Japanese Skin Microbial Database)は、 日本人の頬から採取した細菌を種レベルで分析したデータベースです。 健常人の肌フローラと肌状態を分析し、肌状態と有意なフローラ(常 在菌)の相互関係をまとめ上げました。

さらに肌フローラ文献ナビでは、関連した最新の化粧品原材料の文献 を毎週アップデートしており、研究や製品開発のための重要な情報を いち早くキャッチすることができます。

肌フローラに着目した製品、化粧品やケア用品の開発に役立ちます。 独自に実験を実施して、基礎データを集める必要がありません。 文献ナビを使い、原材料と肌フローラの有意性を確認できるため、 研究や開発にかかる時間とコストを削減できます

JSMD_login.png
microbial_top.png
口内フローラ解析

COMS Pro: 口内フローラ菌叢解析

真菌、定量、動物に対応

  • 検査キットあり、1サンプルから受託
  • 口腔内の細菌の研究に特化した受託サービスで解析部分に特徴

‘COMA Pro’口内細菌検査サービスは、口腔内細菌の研究用の検査キットと次世代シーケンサーによるシーケンスとデータ解析をパックにした商品で、唾液収集キットとペーパーポイントのキットを準備しています。 データ解析は、HOMD(Human Oral Microbiome Database)を基準とした当社で手を加えた約400種類の歯科専用データベースを用いた解析とNCBI Microbial16s r217を用いた約15000種類の菌データベースを用いた解析を実施します。

パンフレットダウンロード

その他の菌叢解析はお問い合わせください