肌フローラ・口内フローラサポート

FAQとレポートの見方、解析結果のサポートに関してはこちらから

FAQ
サポートお問合せフォーム
​肌フローラ(一般)・口内フローラ
​(一般、クリニック、歯科医院様)
Q

唾液採取のタイミングはいつが良いでしょうか

A

朝起きて歯みがき前か、朝は普通に歯みがきを行って、昼食前が良いでしょう。口内細菌は歯みがき後、4時間以上で安定してきます。歯の治療後や洗口液を使用したあとは避けてください。

Q

肌フローラ結果にわからない菌があります。どうしたら良いでしょうか。

A

本サポートページより、検査IDと共にお問い合わせください。可能な限りサポートします。

Q

顔以外のフローラバランスチェックを行ないたいのですが、できますか。

A

定形のレポート形式とはなりませんが、出来る場合もあります。注文前にお問い合わせ下さい。

Q

表皮ブドウ球菌のような美肌菌のみを測定する方法とS-KINとでは何が違いますか。

A

S-KINでは肌フローラを可能な限り特定する仕組みです。人によって差はありますが、1000から2000種類のフローラが検出されています。

肌上の占有率の高いフローラを見れるのと同時に、どれだけ偏っているか、偏っている原因のフローラがなにかを知ると同時に、フローラバランスを見ることができます。

Q

口内フローラ検査を個人で利用することはできますか。

A

可能です。今ですと以下のmakuakeプロジェクトをご利用ください。

Q

口内フローラ検査を歯科医院で実施することを考えています。価格とどのような報告書が出るか教えていただけますか。

A

弊社代理店から価格の提案と、報告書の例をお送りさせていただきます。当社の問い合わせフォームよりお問い合わせください。

Q

歯科医院で実施した口内フローラ試験結果の質問はどうしたら良いですか。

A

検体ごとにつけられているIDを入力いただき、本サポートページでお問い合わせいただきますとスムーズです。

Q

腸内細菌の分析は可能ですか

A

申し訳ありません。一般向けサービスは行っておりません。

arrow&v
 
研究機関FAQ
Q

S-KIN Pro/ COMA Proで絶対菌数はわかりますか

A

次世代シーケンサーでシーケンスを行っているために、各菌の占有率はわかりますが、各菌の菌数は計測できません。

しかし、オプションで16srRNAユニバーサルプライマを利用した、総菌数の測定は承っております。

Q

薬剤の治療効果、ケア用品の効果を確かめる試験プロトコルはありますか。

A

実験計画の打合せを行ない、提案をさせていただきます。お問い合わせください。

Q

ヒトの顔以外での皮膚でのフローラ解析実績はありますか。

A

多くあります。事前の相談を承っておりますのでお問い合わせください。

Q

研究のスクリーニング試験に利用したいと考えています。研究用でなく、一般のキットを利用することはできますか。

A

規模と内容によっては利用することが可能ですのでお問い合わせください。

Q

腸内細菌の分析は可能ですか

A

​研究用に限定して承っております。個別にお問い合わせください

Q

動物の皮膚、口腔内、腸内細菌の分析は可能ですか?

A

動物に寄っては、キットも準備しております。個別にお問い合わせください。

Q

すでにシーケンスしたデータを持っていますがデータ解析だけ可能ですか?

A

16S rRNAメタゲノムシーケンスデータ、ITS領域(真菌)データからの解析だけでも可能です。

Q

特定菌種のみのPCRテストは可能ですか

A

打合せの上、調査させていただきます。すでに調査済みの情報もありますので、まずはお問い合わせください。

Q

メタトランスクリプトームの解析はできますか。

A

RNAシーケンスからの受託、RNAシーケンスデータからのデータからの解析を行っております。

Q

環境微生物(土壌、水など)のメタゲノム解析は可能ですか。

A

提携している瑞輝科学生物株式会社と共同で承っております。お問い合わせください。データ解析のみでも承ることが可能です。

© 2020 by World Fusion Co., LTD