© 2015 by World Fusion Co., LTD

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

研究用肌フローラ検査キット

原材料の安全性評価

研究機関の皆様には、当社の長年のバイオインフォマティックスの経験を元に、高度なデータ分析、アノテーションを提供致します

化粧品、サプリメントの開発、医療現場で、また医薬品開発にご利用ください
​肌フローラの分析

人の肌に常在するバクテリアと肌の状態、健康や疾患の関係は、まだまだ解明されていない点も多々ありますが、皮膚からの分泌物である皮脂を餌とする常在菌の平衡状態の解明は、様々な健康状態をモニターできると考えています。

S-Kin Proは、肌研究を支援するキット

S-Kin Proは、肌研究を支援するキットです。皮膚の常在菌を収集し、細菌の分布、特徴などをさまざまな角度で分析します。

常在菌のモニターで、医薬品、サプリメント、化粧品による効果の検証に、さらに特定の機能を持った菌の探索研究にご利用ください。

広告
真菌に分析も可能

S-Kin Proでは、オプションとはなりますが、真菌(ITS領域)の分析も実施しています。

動物の皮膚常在菌分析

医薬品、化粧品などの動物試験も実施しています。

S-KIN Proはさまざまな目的で利用可能
  • 今後、常在菌に着目したいので基礎データを収集したい

  • 生活環境に常在菌がどのように関係するのかを知りたい

  • 特定の肌状態の人に関する菌を特定したい

  • 化粧品やサプリメントの効果としてBefore/Afterを知りたい

  • 肌測定データやアンケート名祖の背景情報と有意な菌の関係を求めたい

  • 顔以外の皮膚を対象としたい

  • 創薬に利用したい

  • ​動物実験に利用したい

 このキットは研究用に気軽に利用していただくため、1サンプルからの分析を実施しています。スワブキット、DNA抽出、次世代シーケンサによる解析、データの基本的な解析をパッケージ化して手頃な価格で研究が実現できます。
​Metagenome@Kinを利用したSpeciesレベルでの本格的な解析が特徴
  • 各種主成分分析

  • 多様性分析

  • クラスタリング

  • 自己組織化マップ(SOM)

  • 有意差検定

  • ​・・・

階層毎の円グラフ作成による分類集計(Speciesランクの例)

Taxonomy IDを各階層ごとに集計し円グラフとSpread sheet

​原材料の安全性評価

動物での安全性試験の代わりに「Chemotargets CLARITY- Cosmetic Explorer」を提案します

「Cosmetics Explorer」には、4,000以上の化粧品原料(Cosing Database)をもとに、それぞれの化学構造とともに、、それらの機能と薬理作用としての実測値および予測された標的の活性および毒物評価項目(安全性)との関連性が搭載されています。既知および予測されるターゲットファミリと安全性カテゴリは、化粧品機能分類ごとに表示解析ができます。新規成分構造から活性や安全性の予測を可能にします。

化合物や約65の機能に分類され、目的に合わせて原材料化合物のさまざまな情報を参照することができます。

 

 (分類された機能例)

  • SKIN CONDITIONING

  • HAIR CONDITIONING

  • SURFACTANT

  • EMOLLIENT

  • PERFUMING

  • EMULSIFYING

  • ANTIOXIDANT

  • SKIN PROTECTING

  • HUMECTANT

  • CLEANSING

  • ・・・・・

機能分類のポータル画面

機能詳細の化合物のさまざまな副作用をコンピュータ上で評価することができます。

この例は、HAIR CONDITIONINGで既知もしくは予測された副作用を示したものです。

​化合物構造から、機知のデータを利用してターゲット、安全性、代謝物の予測ができます。

この例は、Cosmetic Explorerでdeoxybenzoneを検索し、ターゲットプロファイルとその代謝物を示したものです。